MAGiC HoUR運営のメディア「あんこぎっしりWebマガジン・DaiFUKU」がnoteからお引越し。オウンドメディアとしてリニューアルしました!

2021.06.01 [火]

「心優しい人たちの挑戦をあきらめない」をフィロソフィーとする株式会社MAGiC HoUR(マジックアワー)(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役:西尾輝、以下MAGiC HoUR)は、メディア「DaiFUKU -あんこぎっしりWEBマガジン-」(以下、「DaiFUKU」)をnoteからオウンドメディアとして正式にリリースいたしました。
<旧>https://note.com/magichour_social
<新>https://daifuku.magichour-social.co.jp

こちらもnoteでの運営時同様、社会課題特有の難しさを廃し、ポップに、そして濃密な情報発信をすべく「あんこぎっしりWEBマガジン」とサブタイトルを設け、従来の社会課題解決や社会課題啓発系のメディアで実現できなかった「カルチャー×ソーシャルグッド」をポップに体現するメディアとして運営してまいります。

■「DaiFUKU」とは?
MAGiC HoURが運営するオウンドメディア「DaiFUKU -あんこぎっしりWEBマガジン-」は「社会に、ちょっといいこと。」そして「社会課題を、もっとポップに。」をコンセプトとし、昨今話題になっている社会課題や、それに取り組む社会起業家、さらには「エシカル消費」と呼ばれるトレンドを追いかけるメディアとして、2021年3月1日にnote社の運営するメディアプラットフォーム「note」にてスタートしました。

■引っ越しの経緯
これまでnoteにて運営し、以下の3テーマに沿って情報発信をしてきましたが、弊社らしいクリエイティブやさらなる募集を展開していくにあたり、独自のメディアにおける運営を開始することとなりました。
テーマ設定は、これまでと変わらず、以下の3つにて運営を行います。

①読者参加型のソーシャルエッセイ
読者に身近なテーマを設定し、寄稿型のエッセイ記事を募集し、公開します。文章を書くことがあまり得意ではない方、これから挑戦していきたい方でも投稿しやすいよう、例えば短文もOKとするような、ハードルの低いコーナーにしていきたいと思っています。

②偏愛×ソーシャルグッド・SDGs
弊社ライターは、さまざまな偏愛や研究領域を持ったメンバーとなっています。そんなメンバーの偏愛とソーシャルグッド、エシカル消費をかけ合わせたら何が起こるか?を実験的に検証し、記事にしていきます。

③社会起業家の源泉や今後の展望などについてのインタビュー記事
社会変革のために事業を興した社会起業家の方のルーツや、今後の展望についてインタビューしています。崇高な理想を語ってもらうだけではなく、ひとりひとりにまずは何が出来るのか、共に考え、広げていきます。

■終わりに
私たちMAGiC HoURは、SDGsコンサルティング事業・プラットホーム事業(新規事業)・メディア事業を通じ、「「社会課題解決に取り組む人」のミッション達成のために「継続支援」を行うことで「心優しい人たちの挑戦をあきらめない」社会を作る」べく、挑戦を続けてまいります。